(自称)アクティブ系プログラマの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 「夜回り先生」(水谷修著)を読んでみた

<<   作成日時 : 2005/03/05 00:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

夜回り先生

1月頃にテレビで放映された番組を見て興味を持ち購入した。
220ページ、文字もあまり多くなくて、1時間程で読み切れる量だ。
恐らく、普段あまり本を読まない人にもすぐに読めると思う。
いや、途中で止めることができなかった。

最近の若いヤツが判らない、注意したら何されるか判らない、逃げる、無視するのはのは簡単だろう。
彼らと同じ目線になって考える。

悩んでいる若者向けの本でもあるのだろうけど、大人も読んでおくべき1冊だと感じた。
ほかの本も現在予約中。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
TV放映、感動的でしたよね
かっこいい大人だ
mappy
2005/03/05 01:33
毎晩深夜までの夜回り、暴走族の集会や暴力団の事務所でも行き、子供達に食事を与え、休める場所も与える。
自分は水谷さんの様なことはできないが、水谷さんの元に駆け込まねばならない子供を1人でも増やさないことはできるはずだ。
かずゆき
2005/03/05 09:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
「夜回り先生」(水谷修著)を読んでみた (自称)アクティブ系プログラマの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる