(自称)アクティブ系プログラマの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 続 iPodはPSPと同じ轍を踏むのか?

<<   作成日時 : 2005/02/06 11:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

首からさげて利用する事が多いのであれば、iRiver N10 (1GB) ブラック/シルバーも面白い。
iRiver N10 (1GB) ブラック/シルバーiRiver N10 (1GB) ホワイト
充電電池内蔵で、イコライザーも付属している。
首から下げて利用することを前提として設計されているので、ネックストラップにイヤフォンが内蔵されている。またストラップ取り付け部は交換可能で、他のパーツを付ければストラップやイヤフォンの交換が可能だ。
USBメモリとして使う場合は専用のケーブルを取付ける必要があるようだが、その分コンパクトになるはずである。
iPod shuffleの充電時間が4時間で12時間の再生である事に対して、1時間半の充電で11時間の連続再生が可能である。
パソコンを使ってUSBから充電という事だが、普通の家庭でパソコンを使う場合、連続で使うのはせいぜい2時間程度、サーバか業務で使うパソコンでもない限りは4時間連続でパソコンを使う事はあまりないだろう。
iPod shuffleでも2時間の充電で80%の充電が可能であるが、中途半端な充電は気持ちが悪い。別売りの充電アダプタを購入すれば良いが、これは3570円もする。
Apple iPod USB 電源アダプタ M9837J/A
Apple iPod USB 電源アダプタ M9837J/A
確かにデザインが優れていることは認めるが、そのうち半額程度でサードパーティから発売されるだろう。
Amazonのレビューにもあるが、このアダプタとUSB->携帯電話充電ケーブルがあれば携帯電話の充電もできるから、それ以外の機器を充電するという使い方も考えられるんだけど。
#指定外の機器を充電する場合には自己責任で!
裏技としては、Amazonのレビューにもあるが、USB端子をもつApple AirMac Express ベースステーション [M9470J/A]のUSB端子にiPod shuffleを差して充電するという方法である。
ルーターの場合電源を切る事はほとんどないし、就寝時間にはプリンタを使う事はないだろうからこのUSB端子に差しっぱなしというのも1つの手だろう。

そして個人的にお勧め度が高いのはCreative MuVo TX FM 1GB CNMVT1GF
Creative MuVo TX FM 1GB CNMVT1GF
価格は19800円 3000円分の還元
価格的にはiPod shuffleとくらべ遜色ない。
単4電池駆動で15-11時間再生可能、FMラジオとボイスレコーダー機能が付属する。

このように、1GクラスのMP3プレイヤーを比較した場合、5000円程度の価格差で他社のMP3プレイヤーが購入可能である。
また、iPodにはない液晶画面があったり、イコライザーの機能があるのでイヤフォンでは不足しがちな高/低音をイコライザーで補う事が可能だ。
iPod shuffleを買おうと思ってお店に足を運ぶ。しかし店頭に物は無い、他社のMP3プレイヤーでも代替えもしくはそれ以上の性能であれば、一時的にMP3プレイヤーの熱病にかかったユーザーは他社のMP3プレイヤーを買ってしまうだろう。
iPod shuffleはそれ自体は安いものの周辺機器が高い。一律3570円なのだが、中でもApple iPod shuffle Dock M9757G/A
Apple iPod shuffle Dock M9757G/A
など、考えても見れば単なるUSB延長ケーブル。
今日日USBの延長ケーブルはダイソー等でも売られている。3mで300円だったぞ。
車と同じで、何となくオプションを付けていくと最上位グレードと大差ない価格になってしまうアレだ。

私の様にMacユーザでMP3データをiTunesを使って管理している場合には、これらのMP3プレイヤーの付属ソフトに切り替えたくなかったり、Macで利用可能なソフトが付属していない場合にはiPod shuffleを選択するしか無いのだが、それ以外のユーザはデザインと価格、そして流行が無ければ他のMP3プレイヤーを選択してしまうはずだ。
私自身、iTunesが他の管理ソフトウェアと比べ優位にあると感じる機能は、ランダムにライブラリからMP3データを抽出してくれる機能とオンラインで簡単にMP3データを購入できる機能。
後者は日本では使えないし、前者もこれらのユーティリティソフトが追従するだろう。

iPod shuffleもMac miniも現在供給不足が続いている、本当にiPod shuffleそしてMac miniがWindowsユーザからのスイッチャーを増やすきっかけになると言う声が上がっているが、それにはもっと供給量を安定させる必要があるだろう。
そうでなければ、WindowsPCメーカーや他のMP3メーカーにすぐ追従され単なるカンフル剤で終わってしまうのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
続 iPodはPSPと同じ轍を踏むのか? (自称)アクティブ系プログラマの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる