DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) 大容量フロントバッグ 「DFB407-DP」をSTRiDAに取り付けてみた

Amazonの徘徊中、良さそうなフロントバッグを見つけたため、STRiDAへの取り付けを試みました。
物はこちら「DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) 大容量フロントバッグ 」


スクエア形状で24Lの容量、小径車への取り付けを考えたプロダクトということで、STRiDAでの利用ができないかと思い購入しました。
とりあえずの取り付けの印象としては「取り付けは可能だが、工夫しないと制約が大きい」というのが第一印象です。

「とりあえず取り付けてみた」という状態は、以下の写真の通りです。
IMG_2993.JPG
IMG_2994.JPG

【ハンドルへの取り付け部分】
STRiDAの場合ハンドル幅が狭め(?)な為か、商品ページにある写真の様にブレーキレバー感が狭めなこともあり、ブレーキレバーを垂直方向に立てるなど、調整することで多少改善するかもしれません。

【フレームへの取り付け部分】
STRiDAはフロントフレームが大きく傾斜してる為、バッグ下部(写真指差し部分)の固定部で固定することは難しそうです。

IMG_2995.JPG

バッグ下部のストラップホールを利用し、ベルクロストラップをねじる様に取り付ければ、なんとか取り付けができました。

IMG_2996.JPG

付属のベルクロベルトは、オス・メス部分が1:1の為、調整幅が小さい様に感じました。
車種によっては、ストラップを自作するなどの工夫が必要になりそうです。

IMG_2897.JPG

この状態での容量は19L程度でしょうか。
ベルクロが貧弱な為、あまり重い荷物は入れない方が無難かもしれません。
とりあえず6kgの荷物をいれ5kmほど走り、問題なさそうなことは確認できました。

調整後の取り付け状態など、追って報告していきます。

"DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) 大容量フロントバッグ 「DFB407-DP」をSTRiDAに取り付けてみた" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。