(自称)アクティブ系プログラマの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏時間移行への影響について、健康面の影響について調べてみる

<<   作成日時 : 2018/08/15 17:55  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2020年の東京オリンピック開催に向け、2年間だけ夏時間を実施するという話が出ています。

【技術者的には、世の中の時計組み込み機器の影響を考えるとやめておいた方がいいと思う...】
技術者的な視点で考えると、様々な機器に組み込まれた時計による影響を考慮した場合、その切り替えの手間や、ソフトウェアが正しく動くかの検証、必要に応じてソフトウェアの修正を行う手間を考慮した場合、ちょっと想像できない様な時間的、経済的なコストがかかることになると予想されます。

この問題については、こちらのスライドで丁寧に解説されています。
https://www.slideshare.net/tetsutalow/ss-109290879

【国民の50%が賛成していると言う話だけど...】
「安倍総理が「サマータイムは国民の評価が高いと聞いている」と発言」したとの報道があります。
https://mainichi.jp/articles/20180808/k00/00m/010/152000c

これがNHKによる世論調査がその根拠だとすると、NHKの質問の仕方に問題があった様に思えます。

この辺りは以下サイトがよくまとまっている様に思えます。
https://www.jijitsu.net/entry/summertime-nhk-enquete

【あまり話題になっていないけど、健康に関する影響】
早寝早起き、涼しい時間帯に活動することで健康にはいい影響があるのでは?と考える人もいるかと思いますが、2015年に発行されたDST移行に関する総論を読むと、夏時間に移行する際(時計を1時間または2時間進める際)の健康への影響について、過去の論文の調査により、睡眠や健康に影響があることが記されています。

https://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20180808003613.pdf?id=ART0010455176

この中で調査された論文の1つを見ると、ある群では夏時間移行時に心筋梗塞のリスクが高まっていたという報告もあります。

「Shifts to and from Daylight Saving Time and Incidence of Myocardial Infarction」
The new england journal o f medicine

https://www.nejm.org/doi/10.1056/NEJMc0807104?url_ver=Z39.88-2003&rfr_id=ori:rid:crossref.org&rfr_dat=cr_pub%3dwww.ncbi.nlm.nih.gov

同論文において、現代においては平均的な9時間から7.5時間に減少しており、とくに睡眠時間の短い群ではその影響を受けやすいという報告もあり、導入には健康面でもリスクがありそうです。

【結局のところ...】
単にオリンピックの暑さ対策だけの問題(実際導入はオリンピックの前年と実施年)だけにするならオリンピックの競技開催時間だけ早めるのが一番影響が少ない様に思えます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏時間移行への影響について、健康面の影響について調べてみる (自称)アクティブ系プログラマの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる