IIBA カンファレンス2017で、講演のネット配信をしてみた

ビジネスアナリストの団体IIBAさんのカンファレンスで、講演のネット配信をお手伝いしてきました。

http://www.iiba-japan.org/

会場は日本橋にほど近い、サイボウズさんの東京オフィスです。
カンファレンスの参加者は60名ほど、そこにスタッフが20名ほど加わり、80名規模のカンファレンスでした。
IIBAさんも日本全国に会員がいる団体とのことで、講演のネット配信・受信ができるなら試してみたいということで今回の配信を実施しました。

朝のテストでは問題なかったものの、午後に入り、突如音声の品質が低下。
機材側のトラブルか?ネットワーク速度の低下か?を疑ったところ、サイボウズさんのWi-Fiのネット速度が低下していると判明。
急遽手持ちのスマートフォンを用いてテザリングし、接続しました。

おそらく会場参加者のほとんどが、無料のWi-Fiサービスを使っていたため、ネット速度が低下していたものと推測します。

機材の接続は前もって確認をしていたので、一部手間取ったものの大きなトラブルなく完了。
今回のセッティングの難しいところは、会場内のPA機器(マイクとスピーカー)の間にうまい具合に手持ちのパソコンやミキサーを挟み込んで、会場内のスピーカーで音を鳴らしつつ、ネット参加者側にも講演者の声を届ける必要があります。
映像・音声の両方が1本のケーブルで出せるHDMIは確かに便利なシステムなのですが、オンライン配信を平行して行う講演には不向き。
よって、HDMI出力をVGA変換し、出力する必要があります。

画像

画像


貴重なUSBポートを潰してしまいますが、USB給電するタイプの変換コネクタの方が安心なので、こちらを選択。

ネット側の参加者は数名と、決して多くはありませんでしたが、ネット配信でも講演の視聴が可能ということがわかれば、今後広まることが期待できます。

講演の配信にはZoomを使いました。
画面の共有機能を用いて、スライドを共有、ネット参加者にもスライドが見えるよう配慮し講演を進めました。
Zoomの操作パネルがスライドの文字に重なることがあったので、この辺りは設定で切り抜ける必要がありそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック