格安SIMへの乗り換え・利用開始を検討してみる

娘の高校進学に伴い、新たなスマートフォン契約を行う必要が出てきました。
スマートフォンを1契約すると、おおよそ5-6,000円あたり必要となります。

2年前、我が家では夫婦2人でガラケー2台で月々6,000円でしたから1契約で6000円のスマートフォンを所有する気にはなれませんでした。

その後、電車での通勤時間が伸びたため、SIMフリーのスマートフォンとガラケーの2台持ちとし、BiglobeのSIMを使っていました。SIMフリーのスマートフォンは必要だったものの、月々+1000円の投資でスマートフォンが使えるようになったため、非常に便利になりました。

データSIMですと月3Gbyte が1,000円程で利用できます。
http://join.biglobe.ne.jp/mobile/campaign/sim/

以下、あくまでも私が調べてみた結果なので、実際にはなんらかの問題があるかもしれません。
あくまでも参考情報という事で、ご自身が利用、契約される場合には、よく検討してからご契約ください。

【格安SIMとは】
さて、格安SIMとはなんなのか?

多くは「MVNO」と呼ばれる会社が提供しています。
「MVNO」とは「Mobile Virtual Network Operator」の略で、日本語では「仮想移動体通信事業者」と言われるそうです。
スマートフォンの提供会社といえば「Docomo」「au」「Softbank」等がありますが、これら携帯電話会社は自社で携帯電話・スマートフォンのためのアンテナを立て、サービスを提供しています。
一方で、「MVNO」は自前のアンテナを持たず、携帯電話会社から、アンテナを借りサービスを展開しています。
このため、アンテナの設置費や、維持費が不要なため、安価な料金でサービス提供が可能です。

「だったら、安い方がいいのだから、皆MVNOに移動するのでは?」と考えますよね...
安いなりに当然デメリットがあります。

アンテナを"間借り"していますので、優先度は携帯電話会社にあります。
このため、利用者が多い時間帯には速度低下することがあります
・動画を見たい
・ビデオ会議システムを使いたい
といった場合には、動画に品質が悪くなることが考えられます

ただ、メールやWebの閲覧、短いメッセージのやり取りであればそれほど通信速度を必要としないため、私の使い方では不満を感じていません。

使用できるスマートフォン端末についてはこちらの記事を参照してください。
http://kazuyukik.at.webry.info/201703/article_2.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック