自転車通勤中にパンク

自転車通勤を初めて半年.初めて通勤中パンクしました.
パッチを貼って修理も考えましたが,会社まで1km程度だったのと,小雨が降り出したことから,パッチが張り付かない可能性もあったので,職場に電話をして遅れる事を告げ,歩いて出社しました.

昼休みを利用して,パッチを貼付けCO2インフレーターでタイヤに空気を入れて修理完了.
今回初めてパナレーサー イージーパッチキットを使いました.

パナレーサー(Panaracer) イージーパッチキット RK-EASY

ゴムのりを塗る手間がいらず,今の所5-60km走っていますが,割と高圧(8bar)で入れていますが問題無く使用できています.
パッチ自体も薄いのでパッチを貼ってもバランス等への悪影響は少なそうです.

修理してから3日目,タイヤの空気圧が減っていたので「やはりパッチは応急処置なのか?」と思っていましたが,再度空気を入れたところさらに30km程乗っていますが再度空気が抜ける気配はありません.

CO2インフレーターは普通の空気入れでいれた空気より抜けやすいのか?謎です.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

いっかん
2011年09月01日 08:18
Co2はあくまで応急用であり、事がすんだら全部空気と入れ替えお勧めします。
ゴムに影響があるらしいです。 少量で圧力と体積を確保して、安全面とコストで炭酸ボンベが使われてますが、ゴムにはあまりよくない気体です。
かずゆき
2011年09月01日 18:27
なるほど.勉強になります.やっぱり応急用なんですね.
JJ
2011年09月01日 21:15
車のタイヤも忘れた頃にパンクする、しかし、原因は分かったのですか?ささった金属を見つけられず再度パンクということもある。パッチを強くタイヤに押し付けるよう高圧気味がよいかも。接着効果を引き出すため、手ばやく走り出すことも必要だとか。レーサーはパンク修理時間はどのくらいなんだろ、すぐ棄権というわけでもないだろうからね。
かずゆき
2011年09月01日 22:48
パンクの原因ですが,多分石(2-3mm)だと思います.
スリックタイヤでトレッド面が薄いので,空気圧を高めにしておく必要があるのですが,さぼっていたので圧が下がっていたのだと思います.
普段は6bar以上にして,石を踏んでもはじくぐらいの固さにしてます.

この記事へのトラックバック