ヒットマンからもメールが届くご時世らしい

ITmedia
「返信しないと殺す――詐欺メールにご用心」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0705/10/news015.html

Zさんのコメントで知ったのですが,そんなメールがあるんですね.
殺し屋からの脅迫もメールですか.時代は変わったものです.

どう返事するのが面白いかな
以下,罪名,刑期は正しくない可能性がありますが…

拝啓,殺し屋様
私ももうこの世の中が嫌になったところです.早く殺していただけないでしょうか.
殺人と比べ自殺幇助,もしくは同意殺人の場合にはその刑が軽くなることもある様ですが,残念ながら私の殺人を計画されている次点で2年間の殺人予備罪は適応されるかと思います.
お気をつけて.


とか,ゴルゴ13クラスの殺し屋を装って

貴様が何者か,俺が知らないとでも思ったか.
この業界に居ながら俺を知らないとは相当のモグリだな.大体本当のプロならメールなどアシの付く手段は使わない.貴様がメールを発信した場所は突き止めてある.このメールを読んだ24時間以内には貴様を殺す.細かな個人情報など必要ない.お前は24時間以内に俺に消される.個人情報などもう必要ないだろう.


なんてのも面白いかもしれません.

どうせYahooのメールアドレス(Yahoo!ID@)は捨てアドレスですからねぇ.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年05月12日 12:50
僕がこういうメールに腹が立つのは偽者だからです。
あんな事やこんな事も、本当だったらそれなりに出費する準備はあるのですが・・・一男性としてw
おつかれす
2007年05月12日 18:09
ヒットマンてorz
どうも想像力の豊かなパソコンオタクあたりが色々とやってるんじゃないですかね?
パソコンの悪さで思い出したのが、コンピュータウイルスってメーカーで作ってるという噂が!
かずゆき
2007年05月13日 06:59
このメールに関しては,元々は海外が発祥のようで,1月ぐらいにアメリカでばらまかれたSPAMの様です.
しばしば流行するSPAMも,大抵が古典的なSPAMと同系列のモノで,古くからのネットユーザにしてみれば「またか」という所ですが.
今でこそメールアドレスなんて簡単に取れるけど,その昔は匿名性の高いアドレスって取れなかったんですよねぇ.@マーク以下は所属が入ったから組織としての対応問われたから.
JJKK
2007年05月19日 20:43
初コメントです。ミキシからよませてもらってずいぶん長く貴ブログ覗いていなかったのに気がつきました。ホントPC生かせてないよね~。しかしメールとちがうから無責任な、アウトロー的発信者もいるわけだ、ついでに引っかかれば金とろうというのも入り込むわけだ。う~んモラルから法外、または方の内抜け穴派までまだIT文化の途中ということだね。しかし使ってみないと問題点も分からないというのが実情だからまあ、ぼちぼちやるかね。
かずゆき
2007年05月23日 22:27
どうも.
この手のネタは案外古典的な所から出てるのでパターンは似通っているのです.
脊髄反射せず,一息おいて冷静に考えるのが引っかからないコツかと思います.

この記事へのトラックバック