「HD DVDプレーヤーの北米販売が10万台を突破」(impress)

日本国内ではBlue-Rayが優勢かと思いましたが

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070418/hddvd.htm

北米市場じゃ東芝の奮闘によりHD優勢の様ですね.
問題はソフトなんでしょうけど.

個人的にはテレビの性能がそれなりなんで,DVDで十分ですが.

PC向けの大容量記録メディアとしては次世代DVD気になる所ですが,まだまだ割高ですよね.
DVD-Rのメディア,1枚70円ぐらいで比較的信頼度高いもの買えますからねぇ.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

やまろ
2007年04月24日 23:16
全体のソフトの売り上げでは、BDのほうが売れているという記事も見ました。
サムソンが両方再生できるチップを開発しているし、結局はどっちも再生可能ってのが主流になる気がします。
かずゆき
2007年05月03日 10:44
映画にしろ音楽にしろとりあえず現行メディアでも不満の無い人です。
メディアもハイブリッドタイプが出てくるみたいで、ソフトに関してはBlueRay-DVDもHD-DVDも変わんなくなりそうな雰囲気ですね。
個人的には今後の記録可能メディアがどうなっていくか気になるところです。
どちらかといえば、ラフな扱いでも強そうな殻付のBlueRay-DVDが気になりますね

この記事へのトラックバック