(自称)アクティブ系プログラマの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 第27回ツールド八ヶ岳参加

<<   作成日時 : 2013/04/20 09:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

第27回 ツールド八ヶ岳に参加してきました.
ツールド八ヶ岳は長野県の佐久穂町で開催される自転車レースです.
第27回とある通り,歴史あるレースらしく,毎年多くの参加者が訪れる自転車レースだそうです.

コースは25kmのフルコースと15kmのハーフコース.
距離こそ短く感じますが,標高差1300mを駆け上がる「ヒルクライム」レースです.

自転車レースってどんな物?,普段は信号で止められるけど,レースなら連続で走れるからどんな感じ?等と考えていた事,ヒルクライムレースはレーススピードも高く無いので初心者にも参加しやすい(らしい),さらには開催地が家内の実家から比較的近く,前泊出来るといった条件もありこのレースに参加する事にしました.

普通,初挑戦ならハーフコースを選ぶモノですが,「平地でも100kmぐらい走れるんだし,25kmならイケルんじゃない」というのと,ヘビー級クラス(体重75kg以上)なるものがあったので,こちらを選択.

とりあえず「完走」を目標として出場しました.
前日,当日はばたばたしていたので,レース前の写真はこんな感じ.

画像


レース中の写真は余裕無くて撮ってません.
沿道には付近の住民の皆さんが出て来て応援してくださっています.
この辺りの一大イベントなんだなぁと実感.

走りの方は,10kmあたりで右足がつり休憩,右足をかばう様にペダリングしてたら次は20km地点で左足がつり...正直完走も厳しいかなと思っていましたが,20km地点で休んでいると目の前に救護車が停車.
湿布とお茶,アメ玉まで頂きなんとか復活して出発.

2時間20分強というタイムながら,なんとかゴールできました.

画像


辛いレースですが,走り切ったあとの充実感と,ダウンヒルの爽快感は何物にも代え難い充実感あります.
来年は2時間を切るぐらいのタイムを目指したいものです.

さて,今年の参加にあたっていろいろ悩んだ事に関し簡単にメモ
【ウェア&装備】
春先,比較的温かいコンディションという事でしたが,標高も高いのでウェアをどうするかは悩ましい所.私は長袖のジャージ&レーパンとし,冬用の長指グローブとしました.

saitoimport サイクルジャージ・長袖(ライトグレーツートン)M

saitoimport(サイトウインポート) 3Dパッド サイクリングタイツ M

(パールイズミ)PEARL IZUMI メンズ ウィンターライト グローブ 8300 3 ブラック S

これに薄手のアウターを携帯し,スタート時とダウンヒル時には羽織れる様にしました.
インナーとして,ヒートテックの長袖を着ましたが,途中休む事が無ければ不用だったかも.
半袖の選手も結構いました.

(キャノンデール)Cannondale メンズ パックミー シェル 0M302 BLK BLK L

ダウンヒル前には,預けていた荷物を返していただけるので,上着は預け,着てからダウンヒルというのが良いと思います.
あと,忘れがちなのが小銭.今年のゴール地点の売店では小銭が切れて買い物できないという事体が発生していました.(これは参加要項にも書いてありました...)小銭,特に100円玉は数個持って,手荷物として預けた方が良いでしょう.

今回,ボトルは大きめのタイプで1本でしたがこれは失敗.初参加で2時間かかることを考えると,2本はあった方が良いと感じました.さらに補給食もあった方が安心です.

来年も参加したいですね。
次回は2時間切るタイムを出したいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第27回ツールド八ヶ岳参加 (自称)アクティブ系プログラマの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる