(自称)アクティブ系プログラマの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 扁桃腺炎 再発

<<   作成日時 : 2011/06/02 18:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

扁桃腺炎が再発したため,本日は仕事を早引きしてきました.
金沢と比べると空気の乾燥や,大気汚染の影響があるのかなぁ.

抗生物質をもらっておとなしくしています.

幸い熱がないのが有り難い所.
あまり繰り返すようだと手術もあり得るのかなぁと思っていましたが,高熱が出ない限りは手術適応無いとの事で安心.
扁桃腺の手術は全身麻酔下で行うような手術だそうで...恐

余談ですが,今回薬はジェネリック薬品にしてもらいました.
我が家の近くの薬局では,調剤票を出すときに「ジェネリック医薬品」でと言えばジェネリック医薬品にしてくれるので.
成分や効能は変わらない訳で,医療費は本当に必要な人に行き渡るべきですし.

「メーカーの新薬開発の意欲が薄れる」といった批判も有るみたいですけど,
たしかに新薬を使うメリットも有りますけど,治療法として既に確立しているものが有るのであればそちらでも良いと思うんですけどねぇ.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
扁桃腺炎ですか。痛そうですね。お大事にどうぞ。
ジェネリックですが、同級生の薬剤師が言うには、ジェネリックの新しいものは避けたほうが良いとのアドバイス貰ってます。
というのも、ジェネリックはあくまでコピー薬なので、元の薬から成分分析して作っているため、100%のコピーにならないそうです。その100%ではない部分で、もしかしたら副作用のある成分も含まれているかもしれない、しかもオリジナルほどしっかりと副作用の試験もされていない場合があるということで、効果の強い薬や新しいものは注意したほうが良いそうです。
やまろ
2011/06/02 20:13
やまろさん>
そういう話を聞くと怖いですね.
日本の医療機器や薬剤は一定の審査(薬事法)の元管理されてるはずだから副作用等のリスクも考慮されているものだと思っていましたが.
また試験(薬の場合は治験)も同等に行われているものと思いましたが.
ちょっと調べてみたいと思います.

バイアスのかかっていない意見が欲しい...
かずゆき
2011/06/02 20:30
小学校低学年のときアデノイド(扁桃腺?)を摘出したときがあったけど全身麻酔ではなかったなあ、自分でお盆のようなもの旨の前に持たされた記憶がある。あれはなんだったのか?常々思ってたが皇居の周りのマラソンとか排気ガスきれいになってるのかね、東京は。
JJ
2011/06/03 08:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
扁桃腺炎 再発 (自称)アクティブ系プログラマの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる