(自称)アクティブ系プログラマの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 人の死に目

<<   作成日時 : 2005/06/01 18:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「夜、爪を切ると親の死に目に会えない」という事を聞くが、どういう訳か自分が帰省すると、ここ2年親戚に不幸がある。
「夜爪を切る」事と「親の死に目に会えない」事には何の因果関係も無い訳だが、昔電気が無かった時代には、切った爪が飛んで行くと見えなくなり、それを踏んで思わぬ怪我をする。
夜爪を切って怪我をする注意力の無い者は、親の体調や様子の変化にも気づかないので親の死に目に会えないと言われるのだろう。

親戚の不幸は悲しむべきことで、もしや自分が死神でも背負っているのでは無いかと考える事もあったが、考えようによっては葬儀には間に合ったことを考えれば、ある意味それは良い事なのかもしれないな。
#亡くなった2人は2人とも、大きな怪我を負っていたり、病気にかかっていた

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人の死に目 (自称)アクティブ系プログラマの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる